featured-image

ワシントン・ウィザーズが『リクルートダイレクトスカウト』とのスポンサー契約を発表

日本でのプレシーズンゲームに先駆け、初の取組となるコラボレーションを含むインターナショナルマーケティング契約を締結。株式会社リクルートが米NBAチームと提携しハイキャリア人材に向けたスポーツビジネスの機会創出へ

NBAワシントン・ウィザーズのオーナー会社であるモニュメンタル・スポーツ・アンド・エンタテイメント(以下、MSE)は本日、株式会社リクルートが運営するハイクラス向け転職スカウトサービス『リクルートダイレクトスカウト』とのインターナショナルマーケティング契約の締結を発表いたしました。チーム初の人材領域における日本企業とのスポンサー契約となり、両社の提携による様々なアクティベーション機会が予定されています。

ワシントン・ウィザーズは本年9月30日(金)及び10月2日(日)にさいたまスーパーアリーナにて、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのプレシーズンマッチを控えています。日本国内でのNBAとバスケットボールへの注目が高まる中、今般の『リクルートダイレクトスカウト』とウィザーズの提携を通し、日本の方々にバスケットボールとスポーツに触れていただく更なる機会の創出を目指してまいります。ウィザーズの日本でのグローバルマーケティングライツ契約は、2019年のNECに次いで2例目となります。

MSEビジネス部門代表兼CCOのジム・バン・ストーンは、「日本のファンの皆様に直接バスケットボールという愛されるスポーツをお届けできることは大変素晴らしいことです。今回の『リクルートダイレクトスカウト』とのインターナショナルマーケティング契約は、ワシントン・ウィザーズを一層、グローバルブランドとして押し上げてくれるでしょう」とコメント。更に提携による取組内容にも触れ、「日本のビジネス人材にスポーツビジネスを知っていただき、またそれぞれの才能を通してスポーツ産業に興味を持っていただけることは、まさにウィン-ウィンと言えるでしょう。ウィザーズが日本で試合をするにあたり様々な企画の準備を進めており、日本への訪問が一層楽しみなものとなりました」と期
待を込めます。

今秋に予定されるプレシーズンゲーム期間での取組を含め、今回のパートナーシップによるアクティベーションとして、大きく以下2つを予定しています。

(1)ジャパンツアーに関連してウィザーズで働く短期求人募集
チームの日本訪問に伴い、ウィザーズのチーム運営に携わることができる限定的な短期求人募集を行います。雇用期間は2022年9月2日~10月2日の1ヶ月間で、マーケティング・PR、パートナーシップマーケティング、ビジネスデベロップメントの各職種を募集いたします。詳細は、本日2022年7月8日(金)より、特設ページにて公開中です。

(2)ウィザーズ幹部も参加するスポーツビジネスイベントの開催
ウィザーズの来日に合わせ、スポーツビジネス業界への入門編として、スポーツ分野でのキャリアに興味を持つ人材を対象とした半日間のセミナーイベントを『リクルートダイレクトスカウト』と共同で開催します。このイベントでは、ワシントン・ウィザーズの幹部が最新トレンドについて説明を行うほか、より個人のキャリア形成につながる情報として、日本のスポーツビジネス市場で活動するスポーツ団体のニーズを満たすためにどのように才能やスキルが活用できるか等、日本国内からもスポーツビジネスに携わるビジネスパーソンを迎えたディスカッションを通しての発信も目指していきます。参加費は無料で、事前申込制。オンラインでの参加も可能となります。カンファレンスに関する詳細は、特設ページにて、8月上旬より公開予定です。

ウィザーズと『リクルートダイレクトスカウト』は、この他にも来る2022-23シーズンに向けて、さらなるコラボレーションを発表していく予定です。

株式会社リクルート プロダクト統括本部 HR領域プロダクトマネジメント室 プロデューサー 藤原暢夫氏は「日本では2番目に、そして人材領域では初めてワシントン・ウィザーズとパートナーシップ契約を締結することができ、大変光栄に思っております。この協賛をきっかけに、スポーツビジネスのさらなる発展に貢献し、またハイクラス人材のキャリアを広げるきっかけとなる求人やスカウトを増やすチャレンジを重ねていきたいと思っています」とコメントしています。

『リクルートダイレクトスカウト』との取組に加え、MSEとウィザーズは、9月下旬から10月上旬の訪日に際して、様々な取組を計画中です。ジュニア・ウィザーズ・プログラムによる若い意欲的なプレイヤーのためのバスケットボールクリニック、MSEが所有するNBA 2Kリーグのeスポーツチームであるウィザーズ・ディストリクト・ゲーミングによるeスポーツのデモンストレーション、ウィザーズOB選手による特別出演、同じくMSEが所有するWNBAチーム ワシントン・ミスティックスとの交流などが含まれています。

ウィザーズにとって、日本という国と日本人との交流は特別な意味を持っています。日本人選手としてNBA史上初のNBA1巡目指名選手(2019年)となった八村塁選手は、NBAオールルーキー・セカンドチームにも選出され、ウィザーズを代表するプレイヤーとして活躍しています。首都ワシントンDCにホームを置くウィザーズはまた、世界にバスケットボールのゲームを普及させる活動を長年続けてきました。ワシントンDCには200近い外国大使館があり、ワシントン広域圏の住民の約5人に1人が海外出身です。NBA史上初の公式な国外試合として、1978年にはワシントン・ブレッツ(旧チーム名)とマッカビ・テルアビブ(イスラエル)のエキシビションマッチを実施。これまで、ロンドン(2019年)、ブラジル(2013年)、バルセロナ(2008年)、ベルリン(2008年)など、多様な都市で試合を開催してきました。

日本でのプレシーズンゲームは、東京2020オリンピックでバスケットボールの競技会場となったさいたまスーパーアリーナで開催されます。

昨年の東京2020オリンピック、コロナ禍でも盛り上がりを見せ続ける国内プロスポーツリーグ、そして多くの日本人アスリートの海外での活躍など、スポーツに対する関心は年々高まりをみせています。その一方で、スポーツ“ビジネス”の側面において日本の市場規模は他の国と比べてもまだまだ可能性を秘めています。スポーツ産業やスポーツビジネスについて学ぶ機会と教育があれば、役割を担うことができる優秀なビジネス人材も多く存在しますが、依然として未開発の資源であると感じています。リクルートダイレクトスカウトとウィザーズのパートナーシップにより、日本のビジネスパーソンにスポーツビジネスの最前線であるワシントン・ウィザーズに触れる機会を提供したいと考えています。

MSEについて
モニュメンタル・スポーツ・アンド・エンタテインメントは、アメリカを代表するスポーツとエンタテインメントのファミリーです。私たちと、選手、チーム、そして様々なイベントを通し、何百万人もの人々に興奮と喜びを提供しています。常にゲームを向上させるために投資と革新を行い、コミュニティ、ファン、そして人々を鼓舞し団結させるような特別な体験の提供を目指しています。詳しくは、https://www.monumentalsports.com をご覧ください。

『RECRUIT DIRECT SCOUT』について
株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)が運営するハイクラス向け転職スカウトサービス『リクルートダイレクトスカウト』は、レジュメ(職務経歴概要)を登録すると、企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができるサービスです。サービスは完全無料で利用することができます。登録してスカウトを待つという転職スタイルになるため、転職活動中に限らず、中長期のキャリア形成に活用いただけます。また、リクルートが提携する経営幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンターのプロフィール(業界経験年数・学歴・自己PR・経歴・実績など)を参考に、自ら相談したいヘッドハンターを選ぶこともできます。詳しくは、https://www.recruit.co.jp/ をご覧ください。