Washington Wizards v Brooklyn Nets
BROOKLYN, NY - JANUARY 3: Rui Hachimura #8 of the Washington Wizards shoots the ball during the game against the Brooklyn Nets on January 3, 2021 at Barclays Center in Brooklyn, New York.
Nathaniel S. Butler/NBAE via Getty Images

八村塁選手がネッツ戦に先発出場し15得点、ウィザーズは2連勝

1月3日(日本時間4日)、ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行なわれたワシントン・ウィザーズ対ブルックリン・ネッツの一戦に八村塁選手が先発出場した。八村選手は今季3戦目。ネッツとは12月13日(同14日)にプレシーズン戦で対戦して以来の顔合わせで、開幕後の公式戦では今季初対戦となった。

試合はリードチェンジ21回という接戦を123-122で制したウィザーズが2連勝を飾っている。八村選手は33分24秒の出場で15得点(フィールドゴール6/11、3ポイントショット0/3、フリースロー3/4)、2リバウンド(1OR)、3アシスト、1スティール、1ターンオーバー、4ファウルだった。

先発出場した八村選手は第1クォーター残り9分22秒にブラッドリー・ビール選手からゴール下でパスをもらってレイアップを決めて、この日自身初得点を記録。守備のカイリー・アービング選手をかわしてスピンムーブからシュートを決めた。

序盤からケビン・デュラント選手とマッチアップした八村選手は、デュラント選手との1on1のシチュエーションでピック&ロールを仕掛けられてかわされる場面もあったものの、失点を免れる場面が目立った。第1Q途中に一旦ベンチに下がると、第2クォーター残り8分8秒に、ブラッドリー・ビール選手のFTの場面でコートに復帰。前半終盤には、カイリー・アービング、デュラント両選手を相手に連続得点を決めるなど、チームに流れを呼び込んだ。

第3クォーターにスタートで出場すると、同クォーターの中盤にダンク、フェイダウェイジャンパー、トーマス・ブライアント選手の得点をアシスト、ダンクと、ウィザーズの途中8得点に連続で絡む活躍を見せる。このクォーターにフル出場(12分)した八村選手は、FG3/6、FT2/2で8得点、1アシストを記録した。

第4クォーター残り4分7秒、八村選手はラッセル・ウェストブルック選手の3Pのオフェンシブリバウンドを掴むと、すかさずダービス・ベルターンス選手にキックアウトして同点スリー(114-114)をアシスト。

123-122と1点を争う接戦となった最終盤、ネッツの最後の攻撃の際には、八村選手がカイリー・アービング選手とマッチアップし、決まれば逆転となるアービング選手の3Pに腕を伸ばしてコンテストしてシュートミスを誘発。そのリバウンドからのケビン・デュラント選手のラストショットも外れ、ウィザーズが敵地で大きな勝利をもぎ取った。

2連勝で今季2勝5敗としたウィザーズは次戦、6日(同7日)に敵地でフィラデルフィア・76ersと対戦する。

<提供>NBA Japan

Tags
NEXT UP:

  • Facebook
  • Twitter