Indiana Pacers v Washington Wizards
Orlando, FL - AUGUST 3: Rui Hachimura #8 of the Washington Wizards shoots the ball against the Indiana Pacers on August 3, 2020 at The Arena at ESPN Wide World of Sports in Orlando, Florida.
Bill Baptist/NBAE via Getty Images

八村塁9得点、ウィザーズはペイサーズに敗れて3連敗

8月3日(日本時間4日)にフロリダ州のVISAアスレティック・センターでインディアナ・ペイサーズ対ワシントン・ウィザーズのシーディングゲームが行なわれ、ペイサーズが111-100で勝利を収めた。ペイサーズは再開後2連勝、ウィザーズは3連敗となった。

ウィザーズの八村塁は先発出場で34分3秒プレイし、9得点、7リバウンド、6アシスト(自己最多)を記録した。フィールドゴールは12本中4本成功、3ポイントショットは1本放って成功なし、フリースローは2本中1本成功だった。

ペイサーズは第4クォーター開始時点で22点差(90-68)をつける余裕の展開。第4Q残り1分16秒、イザック・ボンガのレイアップでウィザーズに7点差(107-100)まで迫られるも、最後は11点差で勝利した。

前戦で自己最多53得点をマークしたTJ・ウォーレンは、この日も34得点、11リバウンド、4アシスト、3スティール、4ブロックと大活躍。2試合連続30得点超えはキャリア初だ。 そのほか、マルコム・ブログドンが20得点、7リバウンド、6アシスト、マイルズ・ターナーが17得点、9リバウンド、アーロン・ホリデーが17得点を記録した。

再開後3連敗となったウィザーズは、八村のほか、トーマス・ブライアントがチーム最多となる20得点、11リバウンド、3ブロック、ジェローム・ロビンソンが17得点、シャバズ・ネイピアーが16得点、4アシスト。チームのフィールドゴール成功率は43.6%、フリースローは13本中7本成功で53.8%だった。

次戦は、4日(同5日)にペイサーズがオーランド・マジックと、5日(同6日)にウィザーズがフィラデルフィア・76ersと対戦する。

<提供>NBA Japan

NEXT UP:

  • Facebook
  • Twitter