Washington Wizards v Los Angeles Lakers
ORLANDO, FL - JULY 27: Rui Hachimura #8 of the Washington Wizards plays defense against Markieff Morris #88 of the Los Angeles Lakers on July 27, 2020 in Orlando, Florida at Visa Athletic Center at ESPN Wide World of Sports.
Garrett Ellwood/NBAE via Getty Images

八村塁がレイカーズとの練習試合でチーム最多19得点

7月27日(日本時間28日)にフロリダ州オーランドのVISAアスレティック・センターで行なわれたロサンゼルス・レイカーズとのスクリメージ(練習試合)で、ワシントン・ウィザーズの八村塁がチームトップの19得点をマークした。

試合開始早々に3ポイントショットを沈めた八村は、第2クォーター終盤にはレイカーズの3選手に囲まれながらオフェンシブリバウンドを奪って豪快なプットバックダンクを叩き込んだ。28分15秒の出場でフィールドゴール13本中7本(成功率53.8%)を決めた八村は、得点のほかに3リバウンド、3アシストも記録した。八村はスクリメージ3試合すべてでチーム最多得点を記録している。

試合はJR・スミスが20得点をあげたレイカーズが123-116でウィザーズに勝利した。レイカーズはスミスのほか、ディオン・ウェイターズが18得点、アレックス・カルーソが17得点を記録。レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドは欠場した。ウィザーズは八村のほか、ジェローム・ロビンソンが18得点、シャバズ・ネイピアーが16得点をマークした。

3試合のスクリメージ日程を終えたウィザーズは、7月31日(同8月1日)に2019-20シーズン再開後のシーディングゲーム初戦となるフェニックス・サンズ戦を迎える。同じく3試合のスクリメージを終えたレイカーズの再開初戦は7月30日(同31日)のロサンゼルス・クリッパーズ戦だ。

<提供>NBA Japan

Tags
NEXT UP:

  • Facebook
  • Twitter