Washington Wizards v Boston Celtics
Orlando, FL - AUGUST 13: Thomas Bryant #13 of the Washington Wizards dunks the ball against the Boston Celtics on August 13, 2020 at AdventHealth Arena in Orlando, Florida.
David Dow/NBAE via Getty Images

Ohayo Wizards: 今シーズン最終戦は勝利!多くの応援ありがとうございました。

「Ohayo Wizards」ブログへようこそ!

今日はいよいよシーズン最終戦!本当に色々あった一年でした。4ヶ月の中断を経て、戻ってきたウィザーズ。

その戦いも今日で終わり。試合前に選手達は午前9時半までに荷物をまとめて、PCR検査も受けることを必要としました。そして会場に向かう前にバブル内のホテルをチェックアウト、試合後はNBAが用意する場所で食事とシャワーを済ませて、すぐさまワシントンD.C.へ移動します。家族との時間を犠牲にして戦ってきた選手、コーチ、スタッフにとってはやっとまた一緒に生活できる日々に戻ります。

その前に最後の試合はボストン・セルティックス戦。相手は本来のスタメン全員が欠場とプレーオフに向けて若手を起用する試合に。一方ウィザーズはネイピアー選手が3試合連続欠場、そして八村塁選手が右大腿四頭筋の痛みにより欠場。スタメンにはジョナサン・ウィリアムズ選手が入りました。

ウィザーズ、今日の最初の得点はこのバブルで躍動しているジェローム・ロビンソン選手。再開前後での平均得点差ではNBAで3番目に多く、ステップアップしたことでも最終戦前の段階で紹介されていました。

第1Qにはトーマス・ブライアント選手がチームトップの8得点。チームとしてFG成功率33.3%に終わりますが、フリースローを13本獲得して(11本成功)、26-21とリードします。

前半を5点リードで折り返し、第3Qはトーマス・ブライアント選手がブロックにダンクに奮起。早くも20得点をマークし、再開後は4度目の1試合20得点以上を記録。6度のリード入れ替え、3度の同点と接戦の第3Qはウィザーズが78-77とリードして今季最後のクォーターの戦いへ。ジョナサン・ウィリアムズ選手はリバウンドを量産し、オフェンスではチームに幾度とセカンドチャンスを与えます。そして試合残り8分半時点でブルックスHCはブライアント、ブラウンJr.両選手をコートに戻します。最後はベンチ選手で戦うのではなく、最後まで勝利を目指す選手起用。最後のクォーターはウィザーズのディフェンスが勝利を呼び込みました。セルティックスをFG成功率21.7%、スリーポイントを0/9、そして合計13点に抑えました。ウィザーズも18点とロースコアに留まりましたが、最後は守備で最終戦の勝利を掴み取りました。

残念ながら最終戦を欠場となった八村選手でしたが、試合後には今シーズンを総括しました。長いルーキーシーズンとなり、色んなことがありましたが振り返ると学びが多かったシーズンだったとコメント。「この1年間無事に終われたことに感謝して、次のシーズンに向けて頑張りたいと思います」と語りました。シーディングゲームとしては相手に第一オプションとして警戒される場面も増えましたが、今後のキャリアに生きる収穫も多かったと来季以降に向けての意欲も口にしました。

ブルックスHCも試合後にはプレーオフの可能性がなくなった時、相手の主力が抜けている時、チームが緩んでしまうことがあるそんな状況下でも最後までエナジーたっぷり戦った選手達を称えました。バブル内での戦いについても「チームはここ2ヶ月しっかり成長できた」と語りましたが、これからの成長も楽しみにしているという期待を寄せました。八村選手とは試合後に冗談を交えた話も語り、今回は難しいマッチアップが多かった中「塁は素晴らしかった。どんどん成長した、誇りに思っている。努力家だし、バスケIQも高く、集中力と向上心も高い」とコメント。多くの収穫があったとルーキーシーズンに満足行ったことを話しました。

今季全休がシーズン前から予想されていたジョン ウォール選手、そしてこのバブルでの試合を欠場したブラッドリー ビール選手、ダービス ベルターンス選手を欠いた中でのシーディングゲーム8試合。ブライアント、ブラウンJr.、そして八村選手の3名がチームを引っ張り、それぞれの成長を見せた期間となりました。ドラフトのロッタリーは日本時間の8月21日に予定されています。現時点ではドラフト全体1位指名権獲得の可能性は9番目に高く、確率は4.5%。トップ4位指名権獲得の確率は20.2%、そして9-13位となる確率は79.8%。9-10位の確率は76.6%となっています。それ以外にもブルズから獲得したドラフト2巡目指名権を持ちます。NBAドラフトは現時点では日本時間の10月17日に予定されています。ウィザーズのシーズンはオフへ突入しますが、NBAプレーオフの戦いはまだまだ続きます。ぜひ一緒にこれからの試合も楽しみながら、来季のウィザーズについても色々語り合っていきましょう。

この「Ohayo Wizards」も不定期にはなりますが、オフの様々な話題やドラフトについてなど継続していきます。いつも読んでくださっているファンのみなさんとこれからも作っていければと思っています。オフに向けて見たい、読みたいコンテンツ等などはいつでもコメントでご意見ください!色々あった2019-2020年シーズンですが、最終戦まで応援ありがとうございました。

NEXT UP:

  • Facebook
  • Twitter