NBA D-LEAGUE WNBA WIRELESS FANTASY GAMES NBA TV STORE TICKETS HELP





















プレイオフで強さを発揮するマイク ビビィ。ゲーム5でも36得点、8アシストの活躍でチームをリード。
Rocky Widner/NBAE/Getty Images
シリーズ決着!
キングス、オフェンス戦に終止符
「オフェンス合戦」、そう形容するに充分な戦いを制したのはホームコートのキングスだった。マイク ビビィがプレイオフキャリアハイとなる36得点を挙げ、キングスがマーベリックスを119−118で退けた。これによりキングスはシリーズを5戦で制し、カンファレンス セミファイナル進出を決めた。敗れたマブスは、ダーク ノビツキーの31得点を含む6人が2桁得点を挙げたが、アルコアリーナでのキングスの底力の前に屈した。
試合結果
レギュラーシーズンの対戦成績:
MAVERICKS 3, KINGS 1
シリーズプレビュー

選手としても、コーチとしてもプレイオフ出場経験を持つドック リバースが、ハイレベルなウェスタン カンファレンスのファーストランドの行方を占う

シリーズプレビュー:キングス vs マブス
超・攻撃的な両チームの対決は、面白いシリーズになるだろう。今季、マブスは1試合平均105点、キングスは103点を記録しており、両チームともリーグ1、2のフィールドゴール成功率、3ポイント成功率を誇る。今季、両チームが4度対戦した際、勝ったチームの得点は、実に127点、120点、108点、111点だった。また、何らかのチームが100点未満に終わったのは1回のみ。その時のキングスの点数は99点。数字が物語っている。

キングス最大の弱点は、プレイヤーの身体能力だ。速攻に対するディフェンスにはめっぽう弱い。サイズ的に小さくなった一方のマブスは、速攻主体でアップテンポな試合運びをするチームに変貌した。ブラッド ミラークリス ウェバーブラデ ディバッツの3人が速攻へのディフェンスに対応できればキングス勝利の可能性が、そうでなければマブス勝利の可能性が高い。今季の対戦成績は3-1でマブスリードだが、キングスはけがで戦力が不安定だったので、あまり参考にはならないだろう。いずれにせよ、ディフェンスに重点を置くチームがこのシリーズをものにするだろう。見逃せないシリーズだ。

注目のマッチアップ:
スティーブ ナッシュマイク ビビィのポイントガード対決。マブスはナッシュの他、ジョッシュ ハワードマーキス ダニエルズも使ってくるだろうが、この2人の働きもキーとなる。

キングス勝利の鍵を握るのは:
マイク ビビィ。2年前のプレイオフ、立て続けにビッグショットを決めたのが記憶に残る。もう一人、やはりオフェンスでのキーマンはペジャ ストヤコビッチ

マブス勝利の鍵を握るのは:
ダーク ノビツキー。レギュラーシーズン以上の活躍が望まれる。

キングスが勝つためには:
リバウンドが鍵。サイズは小さいが、マブスのほうがリバウンドに優れている。もう一つは、ディフェンスのスペシャリスト、ダグ クリスティのオフェンス面での貢献。

マブスが勝つためには:
アウトサイドからのオープンなシュートを確実に決めること。速攻。ミラー、ディバッツ、ウェバーのフロントコート陣を封じること。

2003-04 STATISTICS
SACRAMENTO
TEAM
DALLAS
SACRAMENTO
INDIVIDUAL LEADERS
DALLAS
102.8
PPG
105.2
PPG
41.2
RPG
45.3
RPG
26.2
APG
23.9
APG
8.7
SPG
8.0
SPG
4.0
BPG
5.3
BPG
.462
FG%
.459
FG%
.401
3P%
.348
3P%
.796
FT%
.796
FT%



NBA D-LEAGUE WNBA WIRELESS FANTASY GAMES NBA TV STORE TICKETS HELP