NBA が HIV/ エイズ問題に取り組むグローバルビジネスの組織連合から栄誉ある賞を受賞

ロンドン – 2006 年5月 22 日 – 今夜、 2006 年のビジネス・エクセレンスギャラの表彰式で、 HIV/ エイズの撲滅に取り組むグローバルビジネスの連合組織である GBC(Global Business Coalition) は、エイズを撲滅するためのビジネスの役割を賞賛し、そして全米バスケットボール協会 (NBA) を現在行っているエイズ撲滅のための運動に表彰することを決定しました。 GBC は六つの団体を表彰し、 NBA はそのうちの最高位の GALA 賞をロンドンで受賞する事となります。 GALA 賞のセレモニーのスピーカーには、現イギリス首相のトニー・ブレア、欧州委員会の委員長ホセ・マヌエル・バローソ、サー・エルトン・ジョン、そしてグラサ・マチェルが含まれます。 CNN インターナショナルの報道官であるクリスティアン・アマンプール氏がセレモニーの総司会を務めます。

NBA は HIV/ エイズ撲滅運動をグローバルに主張し、展開した団体として、 GBC コミュニティーアワードを受賞し、その内容には革新的なリーグのプログラムである、国境なきバスケットボール (Basketball Without Borders) も含まれます。

プログラムの基本的な内容は下記の通りです。 :

  • 将来活躍するであろう、 19 歳以下のバスケットボールのキャンプを後援し、そのキャンプには、リーダーシップ向上、人生、健康かつ安全な生活、そして HIV 及びエイズの認識そして、予防のトレーニングを提供しています。
  • 広範囲にわたる NBA コミュニティーからのサポートとして、 29 チーム、 120 人の NBA プレーヤー、コーチそしてスタッフが 100 カ国と地域から、 700 の若いアスリートを指導してきました。
  • ブラジル、アルゼンチン、中国そして南アフリカを含むエイズの流行が最も深刻な地域に力を注いでいます。
  • HIV/ エイズの知識がコミュニティー間で認識されるように、地域の非政府組織のために“リーディング・ラーニングセンター”の建設を支援する“バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ・レガシープロジェクト”を通して、コミュニティーに長く継続していく関係を構築していきます。

NBA のコミッショナーであるデイビッド・スターン氏は「ビジネスコミュニティー間の HIV 及びエイズの認識向上の働きに熱心な GBC に、私達のプレーヤー、チームのスタッフ、そしてリーグのスタッフが認識されることをとても光栄に思います。スポーツとは地球全体に向け、そして特に若者に重要なメッセージを伝えることができる大きな機会を持ち合わせているのです。 私達 NBA は、世界的にアピールできるリーグ活動を通じて、 HIV/ エイズの教育プログラムを継続していく事をお約束いたします。 」 とコメントしています。