Did you know about "Shooting Stars"?
オールスター編[6]
〜シューティング・スターについて〜

NBAのゲームは、最もスピーディーでダイナミックなスポーツエンターテイメント。この「Did you Know NBA?」では、NBAの世界を今よりもっと楽しんでもらうため、バスケットボールの基礎知識やリーグの仕組みなどを様々なトピックや視点で紹介していくコーナー。たくさんNBAの知識を取り入れて、ゲームを100倍楽しもう。

今回はシーズン中盤のお楽しみであるオールスター編。オールスターでは、リーグを代表する選手たちを集めた本戦以外にも、ルーキー・チャレンジダンク・コンテストスキル・チャレンジ3ポイント・シュートアウトシューティング・スタージャム・セッションなどのイベントが用意されている。

現役選手にとってファンへの最大のイベントともいえるオールスター。しかし、盛り上げるのは何も現役選手だけではない。今回紹介するのは、マジック・ジョンソン、クライド・ドレクスラー、スティーブ・カーなど多くの往年の名選手も一緒にオールスターを盛り上げるために参加したシューティング・スターである。

シューティング・スター

 
Video
 
 
オールスター2006では、マジックとコービーといった夢のような競演が達成された。
Garrett Ellwood/NBAE/Getty Images
<歴史>
オールスター2004から開始されたシューティング・スター。NBAプレイヤー、WNBAプレイヤー、レジェンド(往年の名選手)がチームとなってシュートを競う。6所に設置されたシュート地点は、段階が進むにつれ難易度が高くなり、最終的にはハーフコートのシュートとなる。各地点で1本ずつを決め、最も早く6所をクリアしたチームの勝利となる。公式ルールの説明はこちらを参照

シューティング・スターが初めて行われたオールスター2004から3年連続で出場を果たしているロサンゼルスチームでは、LA・レイカーズの全盛期を支えたマジック・ジョンソンが3度とも出場している。ロサンゼルスでの開催となったオールスター2004では、地元の声援にも助けられ、見事初代王者に輝いている。また、オールスター2006では、シカゴ・ブルズとサンアントニオ・スパーズ両チームでチャンピオンリングを獲得しているスティーブ・カーが出場を果たし、シューティング・スター歴代1位となる25.1秒の記録で優勝を果たしている。

以下が歴代チャンピオン

オールスター2007
   優勝チーム:デトロイト 記録: 50.5秒
   チャウンシー・ビラップス(デトロイト・ピストンズ)
   スウィン・キャッシュ(デトロイト・ショック)
   ビル・レインビアー(現役当時デトロイト・ピストンズ)

オールスター2006
   優勝チーム:サンアントニオ 記録: 25.1秒
   トニー・パーカー(サンアントニオ・スパーズ)
   ケンドラ・ウェッカー(サンアントニオ・シルバースターズ)
   スティーブ・カー(現役当時サンアントニオ・スパーズ)

オールスター2005
   優勝チーム:フェニックス 記録: 28秒
   ショーン・マリオン(フェニックス・サンズ)
   ダイアナ・タラシ(フェニックス・マーキュリー)
   ダン・マーリー(現役当時フェニックス・サンズ)

オールスター2004
   優勝チーム:ロサンゼルス 記録:43.9秒
   デレック・フィッシャー(ロサンゼルス・レイカーズ)
   リサ・レスリー(ロサンゼルス・スパークス)
   マジック・ジョンソン(現役当時ロサンゼルス・レイカーズ)