トロントのカポノ、連覇なるか
6名の選手がNBAオールスター・サタデーナイトで激突
今シーズンから新たなチームに加入したカポノ。新チームで連覇達成なるか。
Ron Turenne/NBAE/Getty Images

ニューヨーク、2008年2月6日:
2月16日(土)にニューオーリンズ でNBAオールスター・サタデーナイトの一部として開催されるFoot Locker3ポイント・シュートアウトでトロントのジェイソン・カポノが自身のタイトルの防衛に挑む。

カポノの挑戦は、オールスター2002、2003でペジャ・ストヤコビッチが達成して以来初となる。そのストヤコビッチは開催地ニューオーリンズを代表して、2位で終えたオールスター2004以来となる出場を果たす。ストヤコビッチとカポノの王者とともに戦う挑戦者は、10度のオールスター出場をもち、今年のウェスタン・カンファレンスのスターターを務めるLA・レイカーズのコービー・ブライアント、クリーブランド・キャバリアーズのダニエル・ギブソン、デトロイト・ピストンズのリチャード・ハミルトン、そしてシーズンMVPを2度も受賞しているフェニックス・サンズのスティーブ・ナッシュである。

対戦は2ラウンド制で行われ、最初のラウンドの上位3選手がファイナルラウンドへ駒を進める。3ポイントライン沿いにセットされた5箇所のシューティングポイントから、それぞれ4つのオレンジボール、一つのカラーボール(マネーボール)を打つ。シュートが決まる毎に、オレンジボールが1点、カラーボールが2得点を与えられる。制限時間は1分で、選手は時間内にできるだけ多くのボールをシュートしなければならない。ファイナルラウンドでは、ファーストラウンドで点数が低い選手から試技に入る。審判の判断により、テレビジョン・インスタント・リプレイ(ビデオ判定)が用いられる場合もある。

Foot Locker 3ポイントシュートアウトは、オールスター・サタデーナイトpresented by EA SPORTS™のイベントの一つとして、HaierシューティングスターSpriteスラムダンクPlayStation®スキルチャレンジと共に全米に中継される。

NBAのスターが一堂に会すNBAオールスターゲームは、現地2月18日(日)にホーネッツの本拠地ニューオーリンズで行われる。このゲームの模様はTNTとESPNラジオにより全米に中継される。またこのゲームは200以上の国と地域に放送され、オフィシャルサイト、NBA.comでも中継される。日本ではNHK BS-1、NBAリーグパス(スカイパーフェクTV ch.177)で、2月19日(月)AM10:00よりライブ放送される。

3ポイントシュートアウトのスポンサーとして5年目を迎えたFoot Lockerは、Foot Locker, Inc.の一部門として、北米、ヨーロッパ、オーストラリアに4,000店舗を持つスポーツ専門用品店。Foot Locker、 Footaction、Lady Foot Locker、Kids Foot Locker、Champs Sportsなどの小売店、そして消費者との直接的なチャンネルとなっている Footlocker.com/Eastbayなどを通じ、Foot Locker, Incはスポーツシューズとアパレルを積極的に提供するリーティングカンパニーとなっている。

歴代優勝者と2008年の参加者は下記の通り

1986 - ラリー・バード、 ボストン
1987 - ラリー・バード、 ボストン
1988 - ラリー・バード、 ボストン
1989 - デイル・エリス、 シアトル
1990 - クレイグ・ボッジス、 シカゴ
1991 - クレイグ・ボッジス、 シカゴ
1992 - クレイグ・ボッジス、 シカゴ
1993 - マーク・プライス、 クリーブランド
1994 - マーク・プライス、 クリーブランド
1995 - グレン・ライス、 マイアミ
1996 - ティム・レグラー、 ワシントン
1997 - スティーブ・カー、 シカゴ
1998 - ジェフ・ホーナセック、 ユタ
2000 - ジェフ・ホーナセック、 ユタ
2001 - レイ・アレン、 ミルウォーキー
2002 - ペジャ・ストヤコビッチ、 サクラメント
2003 - ペジャ・ストヤコビッチ、 サクラメント
2004 - ボショーン・レナード、 デンバー
2005 - クェンティン・リチャードソン、 フェニックス
2006 - ダーク・ノビツキー、 ダラス
2007 - ジェイソン・カポノ、マイアミ

Foot Locker 3 ポイント・シュートアウト参加者
選手名成功数 試投数 % 成功数 試投数 %
コービー・ブライアント、LA・レイカーズ84 238 .353 1020 3015 .338
ダニエル・ギブソン、クリーブランド178 389 .468 276 620 .451
リチャード・ハミルトン、デトロイト43 92 .467 312 911 .342
ジェイソン・カポノ、トロント50 98 .510 280 599 .467
スティーブ・ナッシュ、フェニックス101 216 .468 1147 2737 .429
ペジャ・ストヤコビッチ、ニューオーリンズ122 264 .462 1317 3260 .404
  (2008年2月5日までの成績)