ブランドン・ロイとケビン・デュラントが
2008 T-Mobileルーキーチャレンジ&ユースジャムで激突!
イー対オードリッジのインサイド対決も見ものである。
Sam Forencich/NBAE/Getty Images

ニューヨーク、2008年1月30日:
昨年ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたポートランド・トレイルブレイザーズのブランドン・ロイとシアトル・スーパーソニックスの2007年のNBAドラフト全体2位のケビン・デュラントが、2月15日(金)にニューオーリンズで行われる 2008 T-Mobileルーキーチャレンジ&ユースジャムで各々のチーム計18人のルーキーとソフォモアを牽引し、対決する。

T-Mobileルーキーチャレンジ&ユースジャム出場選手はNBA各チームのアシスタントコーチの投票によって決定される。ルーキーチームとソフォモアチーム(NBA在籍2シーズン目)のヘッドコーチは、NBAオールスター本戦のコーチ陣のリードアシスタントコーチが指揮をとる。

T-Mobileルーキーチャレンジ&ユースジャムはTNT、そしてESPNラジオで全米に生放送される。NBA.comでは、生中継を多国語で視聴することが可能である。

ロイのチームメイトであるポートランドのラマーカス・オードリッジもソフォモアチームに選出され、ボストン・セルティクスのレイジョン・ロンド、クリーブランド・キャバリアーズのダニエル・ギブソン、ロサンゼルス・レイカーズのジョーダン・ファーマー、メンフィス・グリズリーズのルーディ・ゲイ、2006年にトロント・ラプターズに全体1位でドラフトされたアンドレア・バルニャーニ、そしてユタ・ジャズからはルーニー・ブリュワーポール・ミルサップがソフォモアとして参戦する。

ルーキーチームは、デュラントのチームメイトであるシアトルのジェフ・グリーン、アトランタ・ホークスのアル・ホーフォード、ヒューストン・ロケッツのルイス・スコラ、メンフィス・グリズリーズのマイク・コンリーファン・カルロス・ナバーロ、ミルウォーキー・バックスのイー・ジャンリャン、ニュージャージー・ネッツのショーン・ウィリアムス、そして元Dリーグの選手でもあり、今年のスラムダンク・コンテストにも出場するトロント・ラプターズのジャマリオ・ムーンである。

もしルーキー又は2年目の選手が2月18日(日)のオールスター本戦に選ばれたとしても、その選手はT-Mobileルーキーチャレンジ&ユースジャムに出場することが出来る。 T-Mobileルーキーチャレンジや、NBAのルーキー企画の全体パートナーとして、T-MobileはNBA Caresと提携を組み、ニューオーリンズの子供たちにNBAオールスター2008を経験するのに、ユニークな機会を与えるT-Mobile Rookie Challenge & Youth Jamを作り上げた。イベント中は、ニューオーリンズ地区に住む5,000人以上もの小学6年生から中学2年生たちからなるT-Mobile Huddle Up All-Starsがニューオーリンズ・アリーナで絶好の席を埋め尽くし、試合を観戦する。

昨年のT-Mobileルーキーチャレンジ&ユースジャムでは、シュート14本中14本沈め30得点をあげソフォモアを155-114の勝利に導いたニューヨーク・ニックスのデイビット・リーがMVPを受賞した。また、ゴールデンステイト・ウォリアーズのモンタ・エリズが28得点をあげ、勝利に貢献し、ルーキーチームではメンフィスのルーディ・ゲイとユタのポール・ミルサップが各々22得点をあげ奮闘した。ソフォモアは5年連続で勝利している。

ルーキー対ソフォモアという形式に変ったのは2000年からであり、総合成績は6勝2敗でソフモアがリードしている。試合は前後半20分の試合形式で行われ、各チームは前後半で1回ずつフルタイムアウトと20秒タイムアウトを取ることが出来る。また前後半に1回づつTVタイムアウトが強制的に取られる。試合中個人ファールは記録されるものの、ファールアウトにはならない。チームファール10個目から、また各ハーフ残り2分以降はチームファール2個目からフリースローとなる。前後半を終えて、同点の場合、2分間の延長戦が行われる。各ハーフ残り1分以降、シュートが入るたびにゲーム・クロックは止まる。

4年連続になるが、今年もNBA.comはバスケットボールファンにT-Mobileルーキーチャレンジ&ユースのMVPを投票する機会を提供している。

2月17日(日)の行われるNBAオールスターはTNTとESPNラジオより、現地時間8時p.m.から放送される。また、試合の様子は200以上もの国々でテレビ放送され、NBA.comでも放送される。

NBAオールスターは1週間かけて行われる競技、地域活動そして世界規模のエンターテインメントのためにNBAのトップスターや演出者が集結するイベントである。NBAオールスター2008は、T-Mobileルーキーチャレンジ&ユースジャムSpriteライジング・スターズ・スラムダンクコンテストFoot Locker 3ポイントシュートアウトPlayStation®スキル・チャレンジHaierシューティング・スター、All-Star ジャムセッションpresented by adidas、そして毎年100,000以上ものファンを魅了する第57回NBAオールスターゲームで構成されている。

T-Mobile USA, Inc.

NBAの公式パートナーとして、T-Mobileはルーキーチャレンジを通じてNBAの最も若い選手であるルーキーに活躍の場を与えている。オールスターで行われるNBA1年目と2年目の選手の対抗戦であるルーキーチャレンジや、ルーキー・オブ・ザ・マンスやルーキー・オブ・ザ・イヤーを含むルーキー賞の表彰にT-Mobileの名前を冠している。T-Mobile Huddle UpはT-Mobileのコミュニティ活動であり、全米の子供たちを素晴らしい人間、場所、そしてプログラムに関係させることに注力している。T-MobileとNBAについての情報はこちらから

以下が2008 T-Mobileルーキーチャレンジ&ユースジャムのロスターである。

ルーキーチーム ロスター

名前

チーム ポジション 身長(cm) 体重(kg)   出身

マイク・コンリー

メンフィスG18581.6   オハイオ州立大学

ケビン・デュラント

シアトルG20697.5   テキサス

ジェフ・グリーン

シアトルF206106.6   ジョージタウン

アル・ホーフォード

アトランタF-C208111.1   フロリダ

ジャマリオ・ムーン

トロントG-F20393   メリディアンCC

ファン・カルロス・ナバーロ

メンフィスG19177.1   スペイン

ルイス・スコラ

ヒューストンF-C206111.1   アルゼンチン

ショーン・ウィリアムス

ニュージャージーF-C208106.6   ボストン大学

イー・ジャンリャン

ミルウォーキーF213108   中国
ヘッドコーチ:未定
アシスタントコーチ:未定

ソフォモアチーム ロスター

名前

チーム ポジション 身長(cm) 体重(kg)   出身

ラマーカス・オードリッジ

ポートランドF-C211111.1   テキサス

アンドレア・バルニャーニ

トロントF213113.4   イタリア

ルーニー・ブリュワー

ユタG-F201101.2   アーカンザス

ジョーダン・ファーマー

LA・レイカーズG18881.6   UCLA

ルーディ・ゲイ

メンフィスG203100.7   コネティカット

ダニエル・ギブソン

クリーブランドG18888.0   テキサス

ポール・ミルサップ

ユタF2031170   ルイジアナ工科大学

レイジョン・ロンド

ボストンG18577.6   ケンタッキー

ブランドン・ロイ

ポートランドG198103.9   ワシントン
ヘッドコーチ:未定
アシスタントコーチ:未定

過去のルーキーチャレンジの結果

1994 - フェノムス 74、センセイションズ 68
1995 - ホワイト 83、グリーン 79 (OT)
1996 - イースト 94、ウェスト 92
1997 - イースト 96、ウェスト 91
1998 - イースト 85、ウェスト 80
2000 - ルーキー 92、ソフォモア 81 (OT)
2001 - ソフォモア 121、ルーキー 113
2002 - ルーキー 103、ソフォモア 97
2003 - ソフォモア 132、ルーキー 112
2004 - ソフォモア 142、ルーキー 118
2005 - ソフォモア 133、ルーキー 106
2006 - ソフォモア 106、ルーキー 96
2007 - ソフォモア 155、ルーキー 114