2008Dリーグオールスター出場選手発表
リック・バリーとレニー・ウィルキンズが名誉キャプテンに
2006-07 DリーグMVPランディ・リビングストンが赤チームを牽引する。
Layne Murdoch/Getty Images/NBAE

ニューヨーク、2008年2月5日:
NBA出場経験をもつ13名の選手が、今年で2回目となるDリーグオールスター・ゲームのロスターに名を連ねた。ゲームは現地時間の2月16日にジャム・セッションのセンターコートにて行なわれる。

10人からなる2つのチームはD-LEAGUE.comでのファン投票と、リーグ所属の14名のヘッドコーチによる投票によって決定された。レッド・チームがホームチームとなり、ブルー・チームがアウェイチームとなる。

2007 Dリーグ・ドラフトでコロラド14ersに1位指名を受けた、レッド・チームで出場するエディ・ギルは、11月15日にニュージャージー・ネッツと契約を結び、今年の昇格選手第1号となった。ギルは1試合において7.9アシスト、2.5スティールを記録し、チームを牽引している。コロラドでギルのチームメイトでもあるビリー・トーマスも、12月24日にネッツと契約を結び昇格を果たしており、ギルと共にレッド・チームで出場を果たす。

レッド・チームでプレイする昨年のDリーグMVPであるアイダホ・スタンピードのランディ・リビングストンは、今シーズン11.3アシストと、リーグトップの成績を残している。また、同じくレッド・チームとして出場する、ダラス・マーベリックスでプレイ経験をもつニック・ファゼカスはタルサ・シックスティシクサーズで1試合平均18.9点を記録している。

一方ブルー・チームでは、NBA出場経験をもつモーリス・アルモンド、キリーロ・フェセンコ、そしてイアン・マヒンミが選出された。ユタ・ジャズ、そしてDリーグのユタ・フラッシュでもチームメイトであるアルモンドとフェセンコはシーズン中、複数の球団と契約を結んでいる。アルモンドは1月25日にチームに合流し、フェセンコは12月13日にチーム加入を果たしている。アルモンドはリーグ2位となる1試合26.4得点の活躍を見せており、フェセンコも1試合10.5得、7.0リバウンドとチームに貢献している。スパーズでの出場経験をもつマヒンミはオースティン・トロスでプレイするのがこれで2年目となるが、フィールドゴール・パーセンテイジにおいて.639(163-255)とリーグ1位の成績を残している。

今シーズンNBA昇格を果たしているロサンゼルス・D-フェンダーズのジェロニー・マッコイ、オースティン・トロスのキース・ラングフォード、そしてフォートウェイン・マッドアンツのジェレミー・リチャードソンもブルー・チームとして出場する。11月29日にデンバー・ナゲッツに昇格を果たしたマッコイは、1試合平均2.2ブロックを記録し、守備面でチームを牽引している。また、ラングフォードは12月28日にスパーズから昇格要請を受けており、現在1試合平均24.1得点を記録し、リーグトップ5に位置している。リチャードソンは12月20日にメンフィス・グリズリーズ、1月10日にサンアントニオ・スパーズと今季2度の昇格を経験しており、ここ9試合では28.2得点、6.3リバウンド、1.7アシスト、1.4スティールの成績を残している。

100人目の昇格選手となった現在ゴールデンステイト・ウォリアーズ所属のCJ・ワトソンは、ファンそしてヘッドコーチによってDリーグオールスターに選出されたが、NBA在籍のためベイカーズフィールド・ジャムのアンドレ・バレットが代わりに出場することが決定した。ワトソンはリオグランデバリー・バイパーズで16試合出場し、1月18日にウォリアーズから昇格要請を受け、現在では2007-08シーズン終了時まで契約を延焼している。

上記の選手以外にも9名のDリーグ所属選手がオールスター・ゲームに出場を果たす。レッド・チームには、ランス・アルレッド(アイダホ)、エルトン・ブラウン(コロラド)、カニエル・ディケンズ(コロラド)、ドウェイン・ミッチェル(アイオワ)、カシブ・パウウェル(スーフォールス)、そしてコーリー・ビオレテ(アイダホ)が出場する。一方ブルー・チームには、ショーン・バンクス(ロサンゼルス)、レッド・ベンソン(ダコタ)、そしてカルロス・パウウェル(ダコタ)が選出された。

レッド・チームの指揮官はアイダホ・スタンピード(22勝5敗 .814)のヘッドコーチ、ブライアン・ゲイツとアシスタントのレイ・ロウプスが勤め、ブルー・チームはロサンゼルス・D-フェンダーズ(18勝8敗 .692)のヘッドコーチであるダン・パナヒオとアシスタントのチャッキー・ブラウンが指揮を執る。ヘッドコーチの選出は、1月31日までのチーム成績によって決定された。両ヘッドコーチは試合前までにスターターを決める。

今回のDリーグオールスターでは、NBAレジェンドのリック・バリーレニー・ウィルキンスが名誉キャプテンとして、20名のDリーグ選手たちとバスケットボールの知識などを共有する。名誉キャプテン、元選手、そして元監督として、試合を通じて彼らの経験を選手たちに伝えていく。

2008 レッド・チーム
No. 名前 チーム Pos. 身長(cm) 体重(kg) 誕生日 出身
41ランス・アルレッドアイダホC211113.42/1/81ウェバー・ステイト
24エルトン・ブラウンコロラドF206113.49/9/83バージニア
50カニエル・ディケンズコロラドF203106.67/21/78アイダホ
44ニック・ファゼカスタルサ/マーベリックスF211106.66/17/85ネバダ
10エディ・ギルコロラドG18381.68/16/78ウェバー・ステイト
32ランディ・リビングストンアイダホG19395.34/2/75LSU
23ドウェイン・ミッチェルアイオワG19695.38/24/82ルー・ラフィエット
15カシブ・パウウェルスーフォールスF20197.53/18/81テキサス工科大学
18ビリー・トーマスコロラドG19699.812/23/75カンザス
33コーリー・ビオレテアイダホF206115.73/13/82ゴンザガ
名誉キャプテン : リック・バリー
ヘッドコーチ : ブライアン・ゲイツ(アイダホ)、アシスタント:レイ・ロペス(アイダホ)
アスレチック・トレーナー : ケビン・テイラー(アイダホ)

2008 ブルー・チーム
No. 名前 チーム Pos. 身長(cm) 体重(kg) 誕生日 出身
24モーリス・アルモンドユタ/ジャズG198102.12/2/85ライス
18ショーン・バンクスロサンゼルスF20395.31/20/85メンフィス
7アンドレ・バレットベイカーズフィールドG17878.52/21/82セトン・ホール
10ロッド・ベンソンダコタF208102.110/10/84カルフォルニア
44キリーロ・フェセンコユタ/ジャズC216130.612/24/86ウクライナ
15キース・ラングフォードオースティンG19395.39/15/83カンザス
32イアン・マヒンミオースティン/スパーズF211104.311/5/86フランス
0ジェロニー・マッコイロサンゼルスC208111.112/6/77UCLA
15カルロス・パウウェルダコタF20199.88/29/83南カルフォルニア
23ジェレミー・リチャードソンフォートウェインF20186.22/11/83デルタ・ステイト
4CJ・ワトソン*リオグランデバリーG18881.64/17/84テネシー
名誉キャプテン : レニー・ウィルキンス
ヘッドコーチ : ダン・パナヒオ(ロサンゼルス)、アシスタント:チャッキー・ブラウン(ロサンゼルス)
アスレチック・トレーナー : マルコ・ヌネス(ロサンゼルス)
*- ワトソンは現在NBAチームと契約しているため、アンドレ・バレットが代替出場する。